医師が開業で失敗しないためには

どんな医師でも一生の間に一度は「自分のクリニック(病院)を持ってみたい」と考えるものでしょう。
開業医として成功すれば、一国一城の主になれる他にも、経済的に潤い地域住民の健康を守る役割を果たすことができます。

「開業医は何て素晴らしいんだ」そう思われる方もたくさんいらっしゃると思います。
ただ開業するには開業資金の調達や開業する場所(立地)、スタッフの採用、教育などやらなければならないことは山積みです。
それらすべてを開業日までに済ませ、スムーズに軌道に乗せなければなりません。

医師募集に応募して勤務すれば自動的に給与がもらえる勤務医と言う働き方とは全く違う「開業医」。
開業医となれば、給与もららう立場から支払う立場へ変わってしまう事を肝に銘じなければなりません。

また「開業する」と一言言うのはとても簡単ですが、実際にはかなり大変なクリニック(病院)開業です。
このページでは医師が開業で失敗しないための要点をまとめています。

まずはマーケティングから

クリニックを開業しようと思えば、まずはどのような診療科目のクリニックを開業するか決めなければなりません。
内科医として長いキャリアをもつ医師であれば内科クリニックを開業するのがベストです。
積み上げてきたキャリアを振り返り、自信をもって提供できる医療サービスに特化するのが成功への鍵です。

ただ医師の腕がどれだけ良くても、山の頂上など辺鄙な場所にクリニックを開業しては思うように集患出来ません。
(精神科など一部の診療科目は人目につきにくい場所にあります)
どのような場所にクリニックを開業すれば成功するのか、周辺にある病院やクリニックの状況なども踏まえて集客が望める場所に開院させる必要があります。

また開業するために土地を購入するのか借りるのかの選定、事業計画書の作成、資金繰り(銀行からの借り入れ)どのようなデザインのクリニックを建築するのか、いつ建築に着手するのか、どのような業者に建築をお願いするのか、スタッフをいつ募集するのかなど、決めないといけないことが山積みです。

コンサルを使ってアドバイスをもらう

クリニック開業には面倒な手続きが多く、医師が一人で対応するのはなかなか大変です。
そこでクリニック開業を専門にアドバイスするコンサルを利用する方もいます。
インターネットで検索すれば、コンサルを見つけるのは簡単なので、実績のあるコンサルティング会社にお願いすると無難です。

ただ開業のための指南料が約200~300万円かかるケースもあり、必要な部分だけお願いすることでコンサルタント料を安く抑える事が出来ます。
一足早く開業した先輩医師がいるのなら、参考のために話しを聞いておくのも良いでしょう。

運営の収支も事前にシュミレート

実際に運営を始めて、どれくらいの収入がありどのような経費を支払っていかなければならないのか?
銀行への返済は滞りなくできるのか?
など運営の収支を事前にシュミレートしておくと安心です。
もちろん計画通りには進みませんが、ある程度の目途をつけておくと先の見通しをもって運営出来ます。